英語の本

ゲッコーは、英語の本のイラストを数多く制作しました。最も素晴らしいのは、おそらくジョサイア・コンドルの「Floral Art of Japan」でしょう。フレデリック・ディケンズによる忠臣蔵の翻訳には「忠臣同盟、日本のロマンス」という副題が付けられており、ゲッコーはこの本の第 3 版のイラストを担当しました。最後に、「日本の月、イラスト付き」というタイトルの薄い本があります。

三か国語の本

1887年3月から1890年1月にかけて、東京の版元である九春堂は、日本語、中国語、英語で文章が印刷された4冊の注目すべき本を出版した。最初の『東京名所図説』は、月光が単独で挿絵を担当した。その後の『日本名所図説』と『日本古今名所百人絵伝』第1巻と第2巻では、月光が挿絵の半分強を担当し、残りを小林永沢(1843-1890)、豊原周延(1838-1912)、荒井吉宗(1863-1941)、水野年方(1866-1908)といった当時の著名な画家たちが担当した。当初、版元は後者の2シリーズで約20冊を予定していたが、残念ながら3冊しか作成されなかった。これらの本の歴史の詳しい説明については、雑誌「だるま」第 70 号の記事「九春堂の注目すべき 4 冊」を参照してください。これらの本の命名はさまざまであり、場所によって異なるタイトルが付けられていることを認識することが重要です。重要なのは、イラストを調べることです。