ゲッコーは版画家と言われることもありますが、彼の本業は絵画でした。作品の多くは傑作で、デザインは繊細で印象的です。彼のスタイルはキャリアを通じて着実に進化し、深く見るほど興味がある人には、技法の探求の時期が明らかになります。彼の墨絵を詳しく研究すると、彼の「生命力」のある筆と、デザインと色の使い方が全体的に絶妙であることがわかります。彼は多作な画家で、作品の中には少々凡庸なものもありますが、最高の作品を見ると、彼がその時代で最高の画家の一人であったことがわかります。彼の絵画の数は多すぎて、すべてを Web サイトに載せることはできませんが、ここで紹介するものは、彼のスタイル、スキル、幅広さの概要をよく表しています。