(1859年9月10日 – 1920年10月1日)

尾形月光の生涯は、彼の作品と同じくらい魅力的です。彼は、江戸の小林郡左衛門町(現在の東京)で中上政之助、別名田中、または太井政之助として生まれ、人生の大半を桶町の小林郡で過ごしました。彼の父中上清次郎は裕福な商人で、月光の祖父中上長兵衛とともに、君主、裕福な貴族、裕福な商人のための派遣会社を経営していました。この商売は数世代にわたって一族が営んでおり、江戸のゴミ処理の許可も得ていました。

ゲッコーは16歳の時に父親が亡くなり、家族が事業を失い提灯屋を開かなければならなくなったため孤児になりました。10代のゲッコーは人力車を設計し、その絵を売ることで生計を立てました。彼の人力車は、優れた現代職人技の例として、インテリア・インダストリアル・デザイン展で展示されました。彼の並外れた芸術的才能が認められるのに、それほど時間はかかりませんでした。

その後、膨大な数の絵画やスケッチを制作した後、彼は、河鍋暁斎(月光の発見者としてよく知られている)や、日本で最も有名な芸術家の一人である尾形光琳(伝説の芸術家、尾形乾山の兄)の直系の子孫である有名な尾形家などの重要人物に認められました。尾形光也は彼を養子とし、若い芸術家は彼らの姓を自分の名に付けて、月光(「月光」を意味する)と名付けました。1885年、彼の芸術家としてのキャリアは大きく前進し、影響力のある芸術学者であるアーネスト・F・フェノロサと岡倉天心(別名岡倉覚三)によって設立された日本の芸術協会、観画会の第1回展覧会に絵画を出展したことで生涯の友情が始まりました。天心と天心は月光の自宅を定期的に訪れるようになりました。(月光は、庭に客を招き入れることを楽しむ社交的なホストだったと言われています。)

月光は後に、日本美術協会、日本青年絵画協会、日本美術院、文展(文部省が毎年開催する審査展)など、いくつかの重要な美術組織の創立メンバーおよび創設者となり、日本美術院や明治美術協会の積極的な活動メンバーとなったが、彼自身は美術学校に通ったことはなく、版画家のスタジオで伝統的な徒弟制度を経験したこともなかった。自己宣伝を奨励しない社会において、月光はチラシを作成し、それをさまざまな出版社や場所に持って行き、雑誌や新聞のイラストレーター、漆器や陶器のデザイナーとしてのサービスを売り込むことから芸術家としてのキャリアをスタートさせた。

彼は社会のルールを破っただけでなく、版画制作のルールをすべて破り、非常にユニークで真似のできないスタイルを生み出したため、今日の木版画家や印刷工は、彼が自分たちの職業に課した課題に驚いています。彫刻家と印刷工は、明確な線と版画デザイナーから分離された色を要求しました。ゲッコーはこれらの要求を無視し、彼らの仕事を楽にしませんでした。彼は画家およびイラストレーターとしてキャリアを開始し、版画制作のルールに縛られない独学のアーティストであったため、彼の版画の多くは、版画では不可能と思われていた絵画的な外観を実現しており、ターナーの水彩画によく似ています。それらは筆遣いの錯覚を生じ、色は互いに混ざり合って溢れており、視点はゲッコー独自のものです。ターナーと同様に、彼はその場で作品を制作し、主題を徹底的に研究しました。彼の独特な作風は、三連画の「美人名所合わせ」シリーズでよく表現されており、後期の「富嶽百景」シリーズや、同じく後期の多くの四色版画で最高潮に達しています。彼は後期も慣習に逆らい、リスクを冒し、他の著名な芸術家が若い芸術家と賞を競うリスクを冒そうとしない年齢で、審査のある展覧会に出品しました。彼の芸術は、生涯を通じて絶えず進化しました。

月光は、日本の街や家庭での日常生活、非常に精緻な鳥の羽を描いた穏やかな自然の版画から、自らデザインした戦争の残酷さまで、多種多様な題材を版画に選びました。他の版画家が職人的な戦争版画を制作する一方で、月光は戦争の恐ろしさと感情を伝える芸術的な版画を制作しました。

月光の技法は完全に現代的であったが、月光は浮世絵の伝統にしっかりと根ざしていると考えていた。実際、月光の最初の版画シリーズの一つは「浮世十二ヶ月」と題されていた。また、月光は浮世絵の伝統に沿って「源氏物語」シリーズや「四十七浪士」シリーズの版画も制作した。

彼自身には師匠がいなかったが、30年間の教師生活の中で、山村豊成(光華)、その息子の尾形月山、金森南皓、そして母親が明治時代のもう一人の偉大な画家である月岡芳年と結婚した月岡光魚(1869-1927)など、優れた弟子を育てた。

芳年のほうが月光の名声を享受し、その作品は月光のそれよりはるかに高い値段で取引されているが、月光のほうが間違いなくより優れ、より重要な画家であるにもかかわらず、芳年のほうがシカゴ(1893年コロンブス博覧会で絵画「江戸山王祭」を受賞)、パリ(1900年パリ万国博覧会)、1904年セントルイス万国博覧会、ロンドン(1910年日英博覧会)での国際コンクールで賞を獲得し、あらゆる媒体において公式かつ広く国際的に批評家の称賛を受けた最初の日本人画家であるにもかかわらずである。彼はまた、権威ある国内のコンクールで数々の賞を受賞しており、ほんの一例を挙げると、1893年第2回美術協進会(『稚児遊戯図』と『切壁図』でそれぞれ1位と3位のメダル)、1896年第1回美術協会公募展(『日夢』と『芳家』でそれぞれ1位と3位のメダル)と1897年第2回日本美術協会公募展(『日夢』と『芳家』でそれぞれ1位と3位のメダル)などがある。1898年、明治天皇は彼の作品『曽我夜刀』を買上した。さらに、月光は優れた趣味と高い芸術的センスを持っていたため、明るい赤や紫の染料を多用するなど、明治時代の他の人気版画家が利用した派手な流行の多くをほとんど避けていた。

月光と芳年のキャリアと、伝説的なボーカルアーティストであるエラ・フィッツジェラルドとビリー・ホリデイのキャリアとの間には、当然類似点を見出すことができます。月光とエラ・フィッツジェラルドはともに若くして孤児となり、自力で立ち直って輝かしいキャリアを築きました。芳年とビリー・ホリデイはともに急性の精神病を患い、若くして亡くなりました。社会は月光やエラのようなアーティストの貧困から富豪への物語に感銘を受け、刺激を受けますが、芳年やビリーのように、自分の悪魔を克服できず悲劇的な結末を迎えるアーティストのドラマチックな物語に完全に魅了されます。これらの物語に魅了された結果、より長く実りあるキャリアを持つアーティストよりも、そのようなアーティストに関する本、記事、ドキュメンタリー、演劇、映画がはるかに多く制作されます。そのため、人々は、エラや月光のような優れたアーティストの作品よりも、悲劇的なアーティストとその作品に親しみを持つことになります。

しかし、2 つの重要な出来事により、月光の地位は変化しつつあります。最も重要なのは、偉大な浮世絵収集家で趣味の権威でもあったロバート・O・ミュラーの死去と、彼のコレクションの遺贈と普及により、彼が月光の版画だけでなく絵画の熱心な崇拝者であり収集家であったことが明らかになったことです。これにより、月光に対する好奇心が高まり、日本の画家や版画家の中での月光の地位が再評価されました。2 つ目は、月光について一般の人々に啓蒙することに専念した最初の尾形月光の Web サイト (ogatagekko.com) の開設です。このことは、比類のない革新的な芸術家である尾形月光が日本の芸術家の殿堂にふさわしい地位を得るのに大いに役立ち、尾形月光が日本の最も偉大な芸術家の 1 人であると常に感じてきた人々にその正当性を認めることにつながりました。