口臭を解決するために
歯科に通おう

親知らずは専門医に

親知らずを抜歯しない歯医者

今から5年ほどの前。中年と言われる年齢になって、奥歯の更に奥に何やら白い物が顔を覗かせて来て、あれよと言う間にに大きくなってから、これが親知らずかと理解出来たものの、まさか この歳で親知らずが生えて来る事にも驚いた事があります。 相当に痛い覚悟をして、さっそく掛かり付けの歯医者へ行くとレントゲン写真を見るなり「変な生え方してますね、大学病院を紹介しましょう」に、そんなに大変な事になっているのかと、内心不安にかられるものの、その 詳しい理由を尋ねる事が出来ず、その日は一旦紹介を保留にして貰い帰る事に。 親知らずを抜歯するくらいで大学病院とは只事では無いなと不安になり、調べてみる為にこの日の紹介は遠慮したものの、何の知識も無ければ、やはりこれはとっても不安になる状況、どう言う理由なんでしょうか。

個人経営の歯医者さんの事情

早速帰って、インターネットで調べたところによると、個人で経営している、院長ひとりで治療をしているような町中の小さな歯医者さんは、常連さんとも言える患者さんを毎日抱え、効率の良い治療を行っている為、そこへ親知らずの、それも特異な生え方をしたケースの場合には、抜歯に多くの時間を使う事が予想される為、レントゲン写真を見ただけで、大学病院のような総合病院を紹介するのも珍しく無い事が判明。 決して、親知らずの抜歯の技術が無いと言った理由では無く、こうした町医者ならではの理由がある事に、多少は納得。 知り合いに、この意外に知らない親知らずと町の歯医者の話をしてみると、腕が良いと評判の歯医者さんを紹介して貰う事に。 歯医者によっては親知らずを抜かない理由を知ってさへ疑心暗鬼ながらその腕が良いと言う歯医者さんへ 行ってみると、あっさりと「今日はお時間ありますか」の問いに「はい」と応えた私は、まさに奥歯に挟まった何かが取れるが ごとく、この数ヶ月重荷になっていた親知らずから無事開放されたと言う話、あなたの親入らずの抜歯にお役に立てれば幸いです。